まずは無料で

お金

税理士は税務申告書の作成や納税事務、税務相談などを独占的に取り扱えることになっている法律専門職です。
たとえば、弁護士や公認会計士の資格を持っている人も、きちんと届け出をすればこれらの業務を取り扱えることになっていますが、税法に関する専門知識の深さでは、税理士に引けを取ります。
一般の人はあまり気にしたことがないのが普通ですが、税法はかなり頻繁に改正されます。
特に、税金の軽減措置などはしょっちゅう改正されていますので、注意が必要です。
しかし、法改正の内容を正確に把握している人はほとんどいません。
現実的なことを考えると、業務として日常的に税金問題を取り扱っている人でない限り、現在の税制度を正確に把握し続けるのは困難です。
知らないために損をしてしまう可能性がありますが、税理士を利用すれば、損をせずに済ませることができるようになります。

税金に関する専門サービスを提供できるのは、税金のエキスパートである税理士だけです。
たとえば、資産運用方法の指南を受けるためにフィナンシャルプランナーを利用している人がよくいます。
フィナンシャルプランナーはお金のプロですから、税金に関する相談事にものってもらえそうな感じがしますが、厳密に言えば、フィナンシャルプランナーは税務相談に対応することができません。
もっとも、実際には、資産運用に関連する範囲内で節税相談にも対応しているケースが多いのですが、法律上、税務業務を取り扱うことができるのは、税理士資格を有している者だけだということが、はっきりと明示されています。
ただし、国家試験に合格しなくても税理士資格を取る方法がありますので、公認会計士等が税務相談に対応しているケースがしばしばあります。